棋譜統計


解説

後手の居飛車に対して先手が三間飛車を明示した局面。
四間飛車対居飛車と同じように△6二銀と指すと▲7五歩と突かれ、以下△8五歩▲7六飛と石田流に組む含みが残る。そのため、後手はすぐに△8五歩▲7七角の交換を入れたほうが、先手の作戦をノーマル三間飛車に限定できる分得と見る向きが多い。とはいえ、▲7五歩~▲7六飛と石田流に組まれるのを悪くないとみれば、ここで△8五歩を決めずに、△6二銀や△4二玉と指す作戦もあり得る。

本局面を解説内で参照している他の局面




       
  
       
         
       
  
       


注目指数 3107
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

攻めるメモk_tp12ヶ月前67ビュー