棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

初手から☗2六歩☖8四歩と進んだ局面である。
互いに飛車先の歩を突き合っているため、戦型は相居飛車に確定している。
ここから相掛かりに進むことが多いが、角換わりや横歩取りに分岐することも可能である。

☖8四歩の意味

この局面で先手が☗2五歩とすれば戦型は相掛かりにほぼ確定する。つまり、後手が相掛かりを受けて立つと表明した格好である。
戦型の選択権は先手にあり、☗2五歩は相掛かり志向、☗7六歩は角換わりまたは横歩取り志向である。

候補手

☗2五歩
相掛かりを目指す手。最も多く指されている。
☗7六歩
相掛かりを拒否し、角換わりまたは横歩取りを目指す手。
初手から☗7六歩☖8四歩☗2六歩と進んだ局面と同一であるが、以下のような駆け引きが考えられる。
  • 初手☗2六歩によって相手の戦法を牽制する。(詳細は初手☗2六歩を参照)
  • ただし、相居飛車の場合は相掛かりを志向しない。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+48Tanuki SDT5 ponpoko YaneuraOu KPPT 4.792018年3月☗7六歩探索深さ:34/50 探索局面数:1,067,774,910
+35Apery SDT5 Silent Majority 1.25 clang2018年3月☗7六歩☖3二金探索深さ:34/47 探索局面数:867,600,504
+47aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☗7八金☖3二金探索深さ:34/47 探索局面数:909,694,411
+51dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年9月☗7六歩☖8五歩探索深さ:34/49 探索局面数:804,972,492

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
         
       


注目指数 41868
見る



       
         
         
        
 
       


注目指数 6755
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

43(35/47)研究ani_ota24ヶ月前422ビュー
相掛かりメモk_tp2ヶ月前43ビュー