棋譜統計


解説

通常、▲7六歩に△8四歩と突かれると▲7八飛と回っても△8五歩▲7七角となり石田流に組むことができない。 しかし、それでも2手目△8四歩に対して石田流に組みたい、と考えた一部の人々がひねり出したのがこの一見指し間違いかと疑ってしまうような奇手、▲7七飛である。このあと▲7五歩~▲7六飛が間に合えば、形勢はともかく先手の主張は通る。そこで居飛車も様々な手を繰り出してくるが、今のところどれも互角以上に戦うことができるとされている。

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
         
       


注目指数 2461
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 1513
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 690
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

-272(37/48)研究ani_ota33ヶ月前303ビュー
交換メモk_tp11ヶ月前71ビュー

この局面を参照している他局面のマイノート



       
 
         
        
        
 
       


-51(33/40)研究ani_ota33ヶ月前287ビュー