棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩の手順でこの局面を迎えるのが大半である。
3手目▲6六歩は自然な指し手だが先手番の勝率が芳しくないことでも知られている。

候補手

△3二飛
相振り飛車を目指す一手。縦の将棋になるため振り飛車党のみならず、居飛車党にも愛用者が多い。後手は三間飛車から軽くさばく将棋になりやすく、先手は▲6六歩の厚みを生かしてじっくりと戦うことになり易い。従来は先手に矢倉に組まれると勝ちにくいとされてきたが、先手の矢倉に対して、△4五歩▲同歩△6五歩と軽く仕掛ける菅井流が発見されて見直されている。
△3三角
基本的には、次に△2二飛と向かい飛車に振るための一手。
先手は居飛車で戦うこともできるが、角道を止めているため相振り飛車にするのが自然な指し方である。
相振り飛車にする際は、▲4八銀~▲3六歩~▲3七銀と矢倉の骨格をつくってから飛車を振れば、後手からの飛車先の交換を防ぎつつ矢倉を目指すことができる。
△4二銀
先手が居飛車できたときに、矢倉を目指した一手。△5四歩~△5三銀として、相振り飛車にする手もみている。
△8四歩
居飛車党にとっては自然な一手。
△6二銀
居飛車党で、先手が振り飛車のときに△8四歩を省略して、右四間飛車などを目指す人が用いる手。但し、▲2六歩と居飛車を目指されたときに含みが少なくなっている(振り飛車にしにくいなど)意味がある。
△5四歩
対抗形も相振り飛車もでき、含みが多い一手。
先手が、四間飛車にしてきたときに若干得になる可能性がある一方で、三間飛車や向い飛車や居飛車のときに形を決めすぎているキライがある。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
イメージと読みの将棋観2amz鈴木 宏彦毎コミ201029互角

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
        
 
       


注目指数 8514
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 7378
見る



       
         
         
         
       


注目指数 820
見る



       
         
         
        
 
       


注目指数 755
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。