棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

☗7六歩の局面。この次の後手の指し手によって、戦型が大きく分かれていく。
相掛かりは本来は初手☗2六歩から始まるが、初手☗7六歩から始まる将棋でも15手目に☗3四飛と横歩を取らずに☗2六飛などと引けば、相掛かりに合流することができる。

候補手

☖3四歩

居飛車、振り飛車両方の含みを持った手。
☗2六歩からの横歩取りや対振り飛車、☗7五歩からの石田流、☗6六歩からの角道を閉じた振り飛車が主に考えられる。

☖8四歩

居飛車を明示した手。
☗6八銀から矢倉、☗2六歩から角換わりもしくは横歩取り、☗6八飛☗7八飛からの振り飛車などが考えられるほか、☗5六歩から先手中飛車にも組める。

☖5四歩

後手が中飛車を目指した手。
先手が居飛車であれば以下☗2六歩☖3四歩☗2五歩☖5二飛でゴキゲン中飛車に合流する。

☖3二金

先手に対して振り飛車はできますかという挑発する手。
後手は対振り飛車の基本形である舟囲いに組めなくなる。
第19期竜王戦第6局で佐藤康光棋聖(当時)が採用したことでも有名。

☖3二飛

2手目3二飛。後手番で石田流を目指す駒組みである。
三段リーグ編入時代の今泉健司により創案された。
第60期王座戦第4局(千日手局)で羽生善治二冠(当時)が指した。またこの対局は、羽生マジックの6六銀で有名。

☖6二銀

第35期王位戦第4局で郷田真隆五段(当時)に対して羽生善治王位(当時)が指した手。
以下☗2六歩☖3二金☗2五歩☖4一玉と進んだが結果は郷田五段が63手で勝っている。(段位、肩書はいずれも当時)

☖4四歩

パックマン戦法と呼ばれる奇襲戦法の幕開け。
☗4四同角と取ることができるが、以下☖4二飛☗5三角成☖3四歩の進行が一例で乱戦となる。
なお、正しく対応すれば先手有利とされている。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+24Apery SDT4 ukamuse2016年11月20日☖3四歩探索深さ:33/46
+32elmo WCSC27 YaneuraOu 4.572018年3月☖3四歩☗2六歩探索深さ:34/45 探索局面数:1,015,793,038
+42Apery SDT52018年3月☖8四歩☗2六歩探索深さ:34/43 探索局面数:2,216,063,750
+81Tanuki SDT5 ponpoko YaneuraOu KPPT 4.792018年3月☖3四歩☗2六歩探索深さ:34/50 探索局面数:1,703,963,589
+56aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☖8四歩☗7八金探索深さ:34/45 探索局面数:857,978,218
+76wakame 20171128 YaneuraOu KPPT 4.802018年4月☖3四歩☗2六歩探索深さ:34/46 探索局面数:610,353,137
+56dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年9月☖8四歩☗2六歩探索深さ:34/41 探索局面数:711,771,985

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
         
       


注目指数 41868
見る



       
         
         
        
 
       


注目指数 6755
見る



 
      
         
         
        
 
       


注目指数 808
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

46(43/57)研究ani_ota24ヶ月前463ビュー
角道を開けるメモk_tp2ヶ月前45ビュー