棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

初手に▲7八飛と三間飛車に振った局面。初手▲7八飛戦法や猫だまし戦法[1] と呼ばれ、プロでは門倉啓太が度々採用している。

初手▲7八飛の狙い

この戦法の主な狙いは、相手が居飛車ならノーマル三間飛車か升田式石田流、振り飛車なら角道を止めずに相振り飛車で戦うことである。
▲7六歩△3四歩の局面において、▲7五歩では△4二玉で先手は▲6六歩から石田流本組みを目指すことになり、▲6六歩では△3二飛で先手が角道を止めた相振り飛車になってしまう。そこで、初手に▲7八飛と飛車を振ることによってそれらの展開を避ける狙いがある。
もちろん石田流本組みや角道を止めた相振り飛車になっても先手が悪いわけではないため、 得意な戦型に持ち込むための作戦といえる。

後手の対応

以降の後手の指し手によって、ノーマル三間飛車、升田式石田流、相振り飛車のいずれかに戦型が決まる。

△3四歩

▲7六歩では△8八角成~△4五角があるので、先に▲4八玉~▲3八玉で2七の地点にヒモを付けにいく。
(▲3八銀としても角交換後に△2八角の打ち込みがあるため、▲7六歩とは突けない。)
後手が居飛車なら▲4八玉以下△8四歩▲3八玉△8五歩に▲7六歩として、△8六歩▲同歩△同飛には▲2二角成~▲7七角や▲2二角成~▲8八飛の反撃がある。
よって、▲7六歩以下△6二銀▲7五歩で升田式石田流に合流することができる。
後手が振り飛車なら△3二飛からの相三間飛車が一例である。

△8四歩

以下▲7六歩△8五歩に▲7七角と受けてノーマル三間飛車にするのが一般的で、途中△3四歩は▲7五歩から先手が升田式石田流にする含みが残り後手が損である。
また、▲7七角に代えて▲7七飛とし、手損ながら石田流を目指す▲7七飛戦法という作戦も存在する。

脚注

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
将棋世界 2013年 10月号 [雑誌]amz-マイナビ2013◆別冊付録◆初手の革命“7八飛"戦法

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
         
       


注目指数 3617
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 219
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。