棋譜統計


解説

初手から▲7六歩△3四歩▲5六歩△8八角成▲同飛と進んだ局面。大野流向かい飛車と呼ばれる作戦である。

大野流向かい飛車

大野流向かい飛車は角交換振り飛車の源流とも言える戦法である。
通常、向かい飛車は一度角を移動しなければ☗8八飛と振る事ができないが、本戦法は相手から角交換する様に誘導した事により、☖8八角成に☗同飛とスムーズに向かい飛車に組めるのが特徴と言える。
振り飛車名人と名高い大野源一が採用し、好成績を残したことで評価を得た戦法である。

手得を主張して戦う

現局面では△5七角で馬を作られるが、▲6八銀△2四角成とした局面は、先手が4手指しているのに対し、後手は盤上に実質2手しか残っていない事に加え、更に馬を働かせる為にもう一手が必要となる。
したがって、後手の馬に対して先手の3手得の構図となり、手得を活かして素早い攻撃態勢を構築できる事が主張である。
近年は居飛車の持久戦が発達し、居飛車穴熊に対抗する手段が見出せず下火となっている。

本局面を解説内で参照している他の局面




       
 
        
         
        
 
       


注目指数 22774
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。