棋譜統計


解説

最頻到達手の☗5八金右は☗5八金右超急戦を目指している。
本稿では主にこの手の狙いについて解説する。

①次の狙い☗4八銀も合わせて、☖5五歩~☖5六歩とされた時の為に5七の地点に駒を利かせている
②直ぐに☖5五歩なら超急戦含みに☗2四歩とできる
のがこの局面の特徴であり、飛車先交換を狙うことができる。

①5七の地点に駒を利かせる意味合いは後手が☖6二玉とした時によく分かる。
先手は☗4八銀として5七の地点に2枚利かせることができる事が大きく、☖5五歩とされた時に飛車先交換の☗2四歩☖同歩☗同飛が成立する。☖5六歩が筋で、☗同歩なら☖8八角成☗同銀☖3三角の飛車銀両取りが狙いだが、☖5六歩には☗6六歩がある。この時5七の地点で利きが勝っている上、☖5七歩成☗同銀の手得が期待できるのが①の狙いである。
また、☖5五歩(飛車先を受ける☖3三角を狙った手)を保留したままであれば玉を7八に囲った段階から飛車先交換が狙える。
(飛車先交換後☖8八角成☗同銀☖3三角の飛車銀両取りの筋が受かる)

②後手が飛車先交換を防ぐには☖5五歩〜☖3三角とするぐらいだが、直ぐに☖5五歩なら☖3三角と指される前にそのまま☗2四歩と仕掛けることができる。
先ほども出てきた、☖8八角成☗同銀☖3三角()の筋が、☖5五歩で消える為仕掛けやすくなっているからである。
これに対して、最も指されているのは次の手順である。
・☖5五歩☗2四歩☖同歩☗同飛☖5六歩☗同歩☖8八角成☗同銀☖3三角☗2一飛成☖8八角成(超急戦)
超急戦と呼ばれている激しい変化。尚、この7手目に☗5八金右に代えて☗4八銀で同様に指すと、この局面で4八銀が壁になっている分損であるため☖5五歩に対して☗2四歩とすることは出来ない。
7手目を指すにあたって、上記①のような5七の地点に駒を利かせる手はいくつかあるが、超急戦に対応できていて②も満たしている事が☗5八金右の特色と言える。

後手の対応

  • 超急戦の変化にする(実戦例ではこれが多い)
  • ☖3二金として先手の飛車先交換を甘受する
  • ☖6二玉〜☖3三角☗同角成☖同桂〜☖2二飛として飛車で飛車先を受ける
  • ☖9四歩と端歩を打診する(☗9六歩と交換になれば超急戦の変化にしたときに振り飛車が得)
の4通りが主に指されている。

参考データ

類似局面

変化点リンク
超急戦で☗5八金右に代えて☗4八銀とした局面Go
☗5八金右超急戦についての詳しい解説はこちらGo

本局面を解説内で参照している他の局面

ゴキゲン中飛車


       
  
       
        
        
  
       


注目指数 4734
見る
ゴキゲン中飛車

 
      
   
       
        
        
  
       
 

注目指数 629
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

参考書目メモagtthewalker19ヶ月前160ビュー