棋譜統計


解説

先手の中飛車に対して後手も中飛車を志向した場合本図が現れる。
プロ間では初手▲5六歩に対して後手は居飛車で対抗、相振り飛車であるならば三間飛車や向飛車で対抗するケースが多いため相中飛車は珍しい。年に数局あるかどうかである。
プロ棋戦でほとんど現れない局面であることから未開拓で研究が進んでいない。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
最強アマ直伝! 勝てる将棋、勝てる戦法 (マイナビ将棋BOOKS)amz今泉 健司マイナビ2014第二章

本局面を解説内で参照している他の局面




       
 
        
         
        
 
       


注目指数 2367
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

相中飛車その他Re_n31519ヶ月前51ビュー