棋譜統計


解説

二枚落ちの初期局面である。
6階級~7階級差でのハンディキャップ。(日本将棋連盟での目安)
例:3段対3級 2段対5級 など。
有名な定跡として、二歩突切り定跡や銀多伝定跡、5五歩止め定跡などがある。4枚落ち以下と違い、上手に防御力の明確な弱点がないため、6~7階級の差で勝ちきるのは難しい。将棋以外でも、主力を欠いた状態のことを「飛車角落ち」と比喩するように、攻撃力は低い。
有名定跡の手順は、初手から☖6二銀☗7六歩☖5四歩☗4六歩☖5三銀☗4五歩☖5二玉(☖5五歩☗同角☖5四銀とする定跡もある)☗3六歩☖3二金までが、二歩突き切り定跡と銀多伝定跡で共通であり、☗4五歩と突いて上手に☖4四歩と突かれて陣形に厚みを作らせないようにすることが、江戸時代からある定跡の教えである。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
【決定版】駒落ち定跡amz所司 和晴毎コミ201080第1図
駒落ちのはなしamz先崎 学マイナビ2012
棒銀と中飛車で駒落ちを勝て! (NHK将棋シリーズ )amz高橋 道雄NHK出版2011

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+1875YaneuraOu KPPT 4.80/aperypaq2018年3月☖6二銀☗2六歩探索深さ:34/42 探索局面数:598,550,574
+1708dolphin 1/NNUEkaiU2019年8月☖3二金☗2六歩探索深さ:34/43 探索局面数:505,238,834
+2622dolphin 1/illqha 1.12019年8月☖2二銀☗2六歩探索深さ:34/42 探索局面数:391,486,105

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。