gawaoseさんの投稿 (2016年11月24日 22時45分)

更新差分

この編集に1名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
+{{Conclusion|互角|comment}}
+ 
+図は先手右四間 対 四間飛車美濃の出だしの局面である。
+ 
+ 
+==先手の候補手==
+ 
+==▲7七角または▲8六歩====
+ 
+この局面で先手がすぐに攻めることはできない。<br>
+図から▲4五歩は△同歩で、以下▲2二角成△同銀▲4五銀は△4六歩が厳しく、▲4四歩なら△4七角▲3九金△3三桂で後手有利。<br>
+図から▲4五歩△同歩▲同銀は△8八角成▲同銀△7四角で桂取りと△4七歩が受かりにくい為、後手有利。<br>
+ 
+後手の陣形に対し隙が無いので、▲7七角または▲8六歩で様子見をする手が有力。<br>
+この将棋は先手から仕掛ける将棋であるので、仕掛ける際は最も最良の陣形を築いてから
+仕掛けるのが安全かつ確実な勝ち方である。
+ 
+尚、▲7七角以下は左美濃に、▲8六歩は天守閣美濃に組む順が安全。<br>
+居飛車穴熊に組む順はお互いに角を持ちあった時に先手の陣形が後手より、<br>
+角の打ち込みが厳しい局面になる場合が多いのでやや危険。
編集コメント: 先手右四間対四間飛車美濃(仮)

作成記事

  [局面ページに移動]


   
    
  
       
         
      
  
      
  


解説

図は先手右四間 対 四間飛車美濃の出だしの局面である。

先手の候補手

この局面で先手がすぐに攻めることはできない。
図から▲4五歩は△同歩で、以下▲2二角成△同銀▲4五銀は△4六歩が厳しく、▲4四歩なら△4七角▲3九金△3三桂で後手有利。
図から▲4五歩△同歩▲同銀は△8八角成▲同銀△7四角で桂取りと△4七歩が受かりにくい為、後手有利。
後手の陣形に対し隙が無いので、▲7七角または▲8六歩で様子見をする手が有力。
この将棋は先手から仕掛ける将棋であるので、仕掛ける際は最も最良の陣形を築いてから 仕掛けるのが安全かつ確実な勝ち方である。
尚、▲7七角以下は左美濃に、▲8六歩は天守閣美濃に組む順が安全。
居飛車穴熊に組む順はお互いに角を持ちあった時に先手の陣形が後手より、
角の打ち込みが厳しい局面になる場合が多いのでやや危険。