gawaoseさんの投稿 (2016年11月27日 20時26分)

更新差分

[局面ページに移動]
+{{Conclusion|互角|comment}}
+ 
+図は角換り相腰掛銀の局面で、先手が駒損の攻めを仕掛け、最後の一歩を▲2二歩と打った局面である。△同金と取ると▲3三銀で難しい局面が続く。<br>
+ 
+ 
+==後手の候補手==
+ 
+===△同 金===
+ 
+図から△同金以下は▲3三銀。
+そこで後手には△同金・△同桂・△2九飛等の幾つかの候補手があり、どの変化も先手は細かい攻めを要求される局面になる。
+ 
+===△4二玉===
+△4二玉は2筋を放置して後手玉を右辺に逃がそうとする手。<br>
+△4二玉以下は▲2一歩成△3八飛▲6八金右△3七飛成▲3三銀△5一玉▲3二銀不成△同飛▲4五銀△同銀▲4三馬が詰めろで先手の勝ち筋。
+ 
+===△4一玉===
+△4一玉も2筋を放置して後手玉を右辺に逃がそうとする手。<br>
+△4一玉以下は▲2一歩成△3八飛▲6八金右△3七飛成▲3三銀△4三金▲同馬△同銀▲5五桂△5二玉▲4二銀成△同玉▲3三金△5二玉▲4三金△6二玉▲7一銀<br>
+まで進んで後手玉は寄り筋で先手指しやすい。
+ 
+===結論===
+図での▲2二歩に対しては△同金と取る手が最善だと考えられる。
編集コメント: テスト

作成記事

戦型: 角換り相腰掛銀 先後同型  [局面ページに移動]


歩4
      
     
     
    
     
      
     
       
    

解説

図は角換り相腰掛銀の局面で、先手が駒損の攻めを仕掛け、最後の一歩を▲2二歩と打った局面である。△同金と取ると▲3三銀で難しい局面が続く。

後手の候補手

△同 金

図から△同金以下は▲3三銀。 そこで後手には△同金・△同桂・△2九飛等の幾つかの候補手があり、どの変化も先手は細かい攻めを要求される局面になる。

△4二玉

△4二玉は2筋を放置して後手玉を右辺に逃がそうとする手。
△4二玉以下は▲2一歩成△3八飛▲6八金右△3七飛成▲3三銀△5一玉▲3二銀不成△同飛▲4五銀△同銀▲4三馬が詰めろで先手の勝ち筋。

△4一玉

△4一玉も2筋を放置して後手玉を右辺に逃がそうとする手。
△4一玉以下は▲2一歩成△3八飛▲6八金右△3七飛成▲3三銀△4三金▲同馬△同銀▲5五桂△5二玉▲4二銀成△同玉▲3三金△5二玉▲4三金△6二玉▲7一銀
まで進んで後手玉は寄り筋で先手指しやすい。

結論

図での▲2二歩に対しては△同金と取る手が最善だと考えられる。