gawaoseさんの投稿 (2016年11月27日 22時57分)

更新差分

[局面ページに移動]
+{{Conclusion|互角|comment}}
+ 
+角換り相腰掛銀の先後同型で、▲3三銀に△同金と指した局面。<br>
+図では先手は▲3三同歩成の一手である。
+ 
+==▲3三同歩成に対する後手の候補手に対する先手の応手==
+ 
+===△同 桂===
+▲3三同歩成に対する△同桂に対しては、▲同馬△2二銀(△2二銀の所で△3二歩なら▲5一馬で先手指しやすい)▲2五桂で難解。
+ 
+===△3二歩===
+▲3三同歩成に対する△3二歩に対しては、▲4二金△同飛▲同と△同玉▲8一飛の手順が紛れの少ない変化だと考えられる。<br>
+ 
+===△2九飛===
+▲3三同歩成に対する△2九飛の狙いは次に△1七馬で▲4四馬を素抜きにすることである。<br>
+従って、一度▲4二金で駒を精算する順を選んでから▲8八玉か、前述の手順を省略して単に▲8八玉とするか選択することになり、どちらも難解な変化に進む。
+ 
+===△4九馬===
+▲3三同歩成に対する△4九馬は緩手である。<br>
+▲4五桂と歩を取る手が次の▲4二歩の狙いを後手は防げず、△5八馬も間に合わないので先手勝勢。
編集コメント: テスト

作成記事

戦型: 角換り相腰掛銀 先後同型  [局面ページに移動]



歩5
      
       
    
    
     
      
     
       
    


解説

角換り相腰掛銀の先後同型で、▲3三銀に△同金と指した局面。
図では先手は▲3三同歩成の一手である。

▲3三同歩成に対する後手の候補手に対する先手の応手

△同 桂

▲3三同歩成に対する△同桂に対しては、▲同馬△2二銀(△2二銀の所で△3二歩なら▲5一馬で先手指しやすい)▲2五桂で難解。

△3二歩

▲3三同歩成に対する△3二歩に対しては、▲4二金△同飛▲同と△同玉▲8一飛の手順が紛れの少ない変化だと考えられる。

△2九飛

▲3三同歩成に対する△2九飛の狙いは次に△1七馬で▲4四馬を素抜きにすることである。
従って、一度▲4二金で駒を精算する順を選んでから▲8八玉か、前述の手順を省略して単に▲8八玉とするか選択することになり、どちらも難解な変化に進む。

△4九馬

▲3三同歩成に対する△4九馬は緩手である。
▲4五桂と歩を取る手が次の▲4二歩の狙いを後手は防げず、△5八馬も間に合わないので先手勝勢。