gawaoseさんの投稿 (2016年11月27日 23時37分)

更新差分

この編集に1名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
+{{Conclusion|互角|comment}}
+ 
+角換り相腰掛銀の先後同型で、▲3三銀に△同金と指した局面。<br>
+図では後手は銀損であり、△2八馬で先手の飛車を取れるので駒損を取り返す意味も含めて△3九馬の一手である。<br>
+△3九馬以下は▲2二歩△同金▲3三銀が予想される。<br>
+ 
+==△3九馬以外の後手の候補手==
+ 
+===△8六歩または△7六歩===
+図で一度△8六歩または△7六歩の突き捨てには▲同銀(▲同歩を含む)と応じた後に△3九馬▲2二歩△同金▲3三銀まで進む。<br>
+先手が一歩を持っているので後手は受け切りの形に持っていくのが困難になった為、<br>
+後手は真正面から受けようとせずに△3八飛・△2九飛・△3三同桂~△4一玉が後手の候補手になると考えられる。<br>
+また、図から仮に△7六歩に対し、▲6八銀と引いた場合は△3九馬と飛車を取る。この進行なら平凡に△3九馬を指すより後手が得する順になる。
編集コメント: テスト

作成記事

戦型: 角換り相腰掛銀 先後同型  [局面ページに移動]

歩4
      
      
     
    
     
      
     
      
    


解説

角換り相腰掛銀の先後同型で、▲3三銀に△同金と指した局面。
図では後手は銀損であり、△2八馬で先手の飛車を取れるので駒損を取り返す意味も含めて△3九馬の一手である。
△3九馬以下は▲2二歩△同金▲3三銀が予想される。

△3九馬以外の後手の候補手

△8六歩または△7六歩

図で一度△8六歩または△7六歩の突き捨てには▲同銀(▲同歩を含む)と応じた後に△3九馬▲2二歩△同金▲3三銀まで進む。
先手が一歩を持っているので後手は受け切りの形に持っていくのが困難になった為、
後手は真正面から受けようとせずに△3八飛・△2九飛・△3三同桂~△4一玉が後手の候補手になると考えられる。
また、図から仮に△7六歩に対し、▲6八銀と引いた場合は△3九馬と飛車を取る。この進行なら平凡に△3九馬を指すより後手が得する順になる。