Hidetchiさんの投稿 (2016年12月18日 23時37分)

更新差分

この編集に1名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
- 平成元年2月5日に放送された第38回NHK杯戦4回戦第1局▲羽生善治 五段 - △加藤一二三 九段
+ 平成元年2月5日に放送された第38回NHK杯戦4回戦第1局▲羽生善治 五段 - △加藤一二三 九段([https://www.youtube.com/watch?v=bNTOt9HBjOQ 動画])にて、角換わり棒銀の終盤、先手の羽生善治が'''▲5二銀'''の妙手を放った非常に有名な局面。
-解説米長邦雄永世棋聖である。([https://www.youtube.com/watch?v=bNTOt9HBjOQ 動画])にて、角換わり棒銀の終盤、先手の羽生善治が'''▲5二銀'''の妙手を放った非常に有名な局面。
 
羽生マジック<ref>羽生が中終盤に放つ妙手のことを指し、羽生の棋風を表現する言葉でもある。</ref>を代表する一手である。
 
==▲5二銀の意味==
 
現局面において先手玉に詰みはなく、▲5二銀によって後手玉に次に▲4一銀打~▲3二金までの詰めろをかけた。
 
よって後手はこれを受ける必要があるが、
 
#△同金は▲1四角△4二玉▲4一金まで。
#△同飛は▲1四角△2三桂▲同角成△3一玉▲4一金△2一玉▲2二歩△1一玉▲1二香まで。
#△2五桂打は▲4一角△2一玉▲3二銀△1一玉▲1三香△2二玉▲2三金まで。
 
▲5二銀が後手玉の逃げ道を封鎖する寄せの絶好手となっている。
 
そのため後手の加藤は△4二玉と指し、▲6一銀不成に△2九歩成▲2八歩△3九とで勝負をかけたが、先手の[[-3242OU+5261GI-2829TO+0028FU-2939TO+0032KI|▲3二金]]を見て投了となった。以下は△同玉なら▲1四角以下、△5一玉なら▲5二金△同飛▲同銀成△同玉▲4二飛以下即詰みとなる。
 
{{FamousGame|羽生善治|加藤一二三|平成元年1月9日|NHK杯|0||http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display6&kid=9815}}
編集コメント: 文章が崩れたため差し戻し

作成記事

戦型: 角換り棒銀  [局面ページに移動]


      
      
    
      
        
        
     
     





解説

平成元年2月5日に放送された第38回NHK杯戦4回戦第1局▲羽生善治 五段 - △加藤一二三 九段(動画)にて、角換わり棒銀の終盤、先手の羽生善治が▲5二銀の妙手を放った非常に有名な局面。
羽生マジック[1] を代表する一手である。

▲5二銀の意味

現局面において先手玉に詰みはなく、▲5二銀によって後手玉に次に▲4一銀打~▲3二金までの詰めろをかけた。
よって後手はこれを受ける必要があるが、
  1. △同金は▲1四角△4二玉▲4一金まで。
  2. △同飛は▲1四角△2三桂▲同角成△3一玉▲4一金△2一玉▲2二歩△1一玉▲1二香まで。
  3. △2五桂打は▲4一角△2一玉▲3二銀△1一玉▲1三香△2二玉▲2三金まで。
▲5二銀が後手玉の逃げ道を封鎖する寄せの絶好手となっている。
そのため後手の加藤は△4二玉と指し、▲6一銀不成に△2九歩成▲2八歩△3九とで勝負をかけたが、先手の▲3二金を見て投了となった。以下は△同玉なら▲1四角以下、△5一玉なら▲5二金△同飛▲同銀成△同玉▲4二飛以下即詰みとなる。

脚注

  1. 羽生が中終盤に放つ妙手のことを指し、羽生の棋風を表現する言葉でもある。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
羽生善治加藤一二三NHK杯平成元年1月9日先手勝棋譜