Hidetchiさんの投稿 (2017年05月06日 09時21分)

更新差分

[局面ページに移動]
角換り相腰掛け銀の△7四歩型の一基本図である。タイトル戦での採用率が高く定跡化されている。
- 2012年までは▲2五桂〜▲2八角の仕掛けが主流だったが、▲2八角に対する郷田新手△7五歩が優秀とされプロ間では指されていない。
+ 2012年までは▲2五桂〜▲2八角の仕掛けが主流だったが、▲2八角に対する郷田新手[[+3725KE-3324GI+0028KA-7475FU|△7五歩]]が優秀とされプロ間では指されていない。
2016年1月時点では▲2五桂に変えて[[ln5nl/1r3ggk1/4p1sp1/p1ppspp1p/1p7/P1PPSPPPP/1PS1P1N2/1KGG1R3/LN6L w Bb|▲6八金右]]、[[ln5nl/1r3ggk1/4p1sp1/p1ppspp1p/1p7/P1PPSPPPP/1PS1P1N2/1KG1GR2L/LN7 w Bb|▲1八香]]や[[ln5nl/1r3ggk1/4p1sp1/p1ppspp1p/1p5P1/P1PPSPP1P/1PS1P1N2/1KG1GR3/LN6L w Bb|▲2五歩]]と後手の陣形の崩れを待つ指し方が主に試みられている。
 
{{FamousGame|丸山忠久|渡辺明|2012/10|第25期竜王戦七番勝負第1局|1|この対局以降、翌月の▲羽生△郷田(王将戦)を最後に▲2五桂がプロ間では指されなくなっている。|http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/25/ryuou201210150101.html}}
{{FamousGame|羽生善治|森内俊之|2013/05|第71期名人戦七番勝負第3局|0|▲1八香に△4三金直とした将棋。以降村山新手の▲3五歩で先手が快勝した。|}}
{{FamousGame|木村一基|羽生善治|2014/09|第55期王位戦七番勝負第6局|0|▲6八金右に△3五歩と進行。|}}
{{FamousGame|中村太地|羽生善治|2013/10|第61期王座戦五番勝負第3局|0|▲1八香に△1二香と進行。|}}
 
 
{{Book|4839953058|80|}}
{{Book|4839950156|45|}}
{{Book|4839948577|230|}}
{{Book|4839957665||}}
 
{{Conclusion|互角|}}
+ 
+{{Resemble|ln5nl/1r4gk1/4pgsp1/p1ppspp1p/1p7/P1PPSPPPP/1PS1P1N2/1KG1GR3/LN6L b Bb|△4三金・△2二玉型}}
編集コメント: 類似局面の追加

作成記事

戦型: 角換り  [局面ページに移動]

     
     
      
  
        
 
     
     
      

解説

角換り相腰掛け銀の△7四歩型の一基本図である。タイトル戦での採用率が高く定跡化されている。 2012年までは▲2五桂〜▲2八角の仕掛けが主流だったが、▲2八角に対する郷田新手△7五歩が優秀とされプロ間では指されていない。 2016年1月時点では▲2五桂に変えて▲6八金右▲1八香▲2五歩と後手の陣形の崩れを待つ指し方が主に試みられている。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
丸山忠久渡辺明第25期竜王戦七番勝負第1局2012/10後手勝この対局以降、翌月の▲羽生△郷田(王将戦)を最後に▲2五桂がプロ間では指されなくなっている。棋譜
羽生善治森内俊之第71期名人戦七番勝負第3局2013/05先手勝▲1八香に△4三金直とした将棋。以降村山新手の▲3五歩で先手が快勝した。
木村一基羽生善治第55期王位戦七番勝負第6局2014/09先手勝▲6八金右に△3五歩と進行。
中村太地羽生善治第61期王座戦五番勝負第3局2013/10先手勝▲1八香に△1二香と進行。

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)amz中村 太地マイナビ201480
これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)amz吉田 正和マイナビ201445
長岡研究ノート 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)amz長岡 裕也マイナビ2013230
角換わり腰掛け銀最前線 ~いま、プロが注目する三つの指し方~ (マイナビ将棋BOOKS)amz日浦 市郎マイナビ出版2015

類似局面

変化点リンク
△4三金・△2二玉型Go