gokikenさんの投稿 (2015年01月10日 01時12分)

更新差分

この編集に3名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
- ゴキゲン中飛車対策・超速3七銀の出だし
+ ゴキゲン中飛車対超速3七銀戦法
-超速3七銀は、星野当時奨励会三段によって考案された戦法。
-名付け親は、勝又当時六段。
 
- 次の先手の指し手、▲3七銀と上がった際に、従来の▲3七銀急に比べ6八の玉が中央部を支えかつ△5六歩~△7六飛の際に王手にらないというメリットがある。
+ 超速▲3七銀戦法(以下超速)は長らく高勝率を維持し続けたゴキゲン中快進撃を止めた有力対策である。
+序盤から不急の一手は後回しにするという現代将棋の象徴的存在であり、考案者の星野良生氏はその戦法の思想や優秀性が認められ升田幸三賞を受賞している。
 
- また、を深く囲う前に超速で銀を繰り出し、5五の地点、もしくは3筋からの仕掛け狙う
+ 従来の▲3七銀急戦は▲7八・▲6八の2手た為振り飛車に△7二玉・△4二銀型から△5六歩と捌く手段与えて押さえ込みに苦労した
+超速は6八の玉が5七を自ら支え、足早に右銀を中央へ繰り出す事で振り飛車の手段を限定している。
+また、玉の囲いを後回しにした事で△4四銀対抗形においては穴熊などの持久戦を可能としている。
 
- ゴキゲン中飛車対して高勝率上げている。
+ 振り飛車策も多岐にわたり、左辺を△3二金型か△3二銀型として、囲いは△7二玉型からの速攻策や、固さ主張する美濃囲い、△7一玉型美濃で節約した手を活かして変化する手段を組み合わせたものや、玉が不安定なうちに乱戦に持ち込む菅井流、銀を向かい合う形で迎撃して5筋の位を安定させる銀対抗が多く指されている。
-その為、後手の対策も複数ある。
編集コメント: 解説内容の改訂

作成記事

戦型: 超速▲3七銀  [局面ページに移動]


        
 
        
       
       
   
     
  


解説

ゴキゲン中飛車対超速▲3七銀戦法。
超速▲3七銀戦法(以下、超速)は、長らく高勝率を維持し続けたゴキゲン中飛車の快進撃を止めた有力な対策である。 序盤から不急の一手は後回しにするという現代将棋の象徴的存在であり、考案者の星野良生氏はその戦法の思想や優秀性が認められ升田幸三賞を受賞している。
従来の▲3七銀急戦は▲7八玉・▲6八銀の2手を要した為、振り飛車に△7二玉・△4二銀型から△5六歩と捌く手段を与えて押さえ込みに苦労した。 超速は6八の玉が5七を自ら支え、足早に右銀を中央へ繰り出す事で振り飛車の手段を限定している。 また、玉の囲いを後回しにした事で△4四銀対抗形においては穴熊などの持久戦を可能としている。
振り飛車の対策も多岐にわたり、左辺を△3二金型か△3二銀型として、囲いは△7二玉型からの速攻策や、固さを主張する美濃囲い、△7一玉型美濃で節約した手を活かして変化する手段を組み合わせたものや、玉が不安定なうちに乱戦に持ち込む菅井流、銀を向かい合う形で迎撃して5筋の位を安定させる銀対抗が多く指されている。