jumonjikiwaさんの投稿 (2018年09月13日 13時48分)

更新差分

[局面ページに移動]
+後手は振り飛車と雁木を天秤にかけている。
+ 
+従来は7手目[[lnsgkg1nl/1r4sb1/ppppp2pp/5pp2/9/2P4P1/PP1PPPP1P/1B1K1S1R1/LNSG1G1NL w -|▲6八玉]]がウソ矢倉などの相居飛車になると損とされていたが、雁木の見直しがあり、後手が作戦を保留するとこの局面になることが多くなった。
+ 
+== 候補手 ==
+=== [[lnsgkg1nl/1r5b1/ppppps1pp/5pp2/9/2P4P1/PP1PPPP1P/1B1KGS1R1/LNSG3NL w -|▲5八金右]] ===
+現在の最有力候補手。相居飛車では無難な手で、対振り飛車でも▲4九金型のまま駒組みを進められることはまずないため、いずれ必要になる一手。
+ 
+=== [[lnsgkg1nl/1r5b1/ppppps1pp/5pp2/9/2P4P1/PP1PPPP1P/1BK2S1R1/LNSG1G1NL w -|▲7八玉]] ===
+対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で▲7八金型に組みづらくなる。
+ 
+=== [[lnsgkg1nl/1r5b1/ppppps1pp/5pp2/9/2P1P2P1/PP1P1PP1P/1B1K1S1R1/LNSG1G1NL w -|▲5六歩]] ===
+対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で右四間飛車、早繰り銀などに組みづらくなり、先手矢倉などに作戦が限定される。
+ 
+=== ▲3六歩 ===
+相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手が持久戦の場合は不急の一手になる。
+ 
+=== ▲7八銀 ===
+相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手の囲いが左美濃に限定される。
編集コメント: ▲5八金右の流行について

作成記事

  [局面ページに移動]


 
       
 
       
         
       
  
     
  


解説

後手は振り飛車と雁木を天秤にかけている。
従来は7手目▲6八玉がウソ矢倉などの相居飛車になると損とされていたが、雁木の見直しがあり、後手が作戦を保留するとこの局面になることが多くなった。

候補手

▲5八金右

現在の最有力候補手。相居飛車では無難な手で、対振り飛車でも▲4九金型のまま駒組みを進められることはまずないため、いずれ必要になる一手。

▲7八玉

対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で▲7八金型に組みづらくなる。

▲5六歩

対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で右四間飛車、早繰り銀などに組みづらくなり、先手矢倉などに作戦が限定される。

▲3六歩

相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手が持久戦の場合は不急の一手になる。

▲7八銀

相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手の囲いが左美濃に限定される。