kmullinさんの投稿 (2018年10月01日 16時22分)

更新差分

[局面ページに移動]
{{Conclusion|互角}}
 
初手から飛車先の歩を2手ずつ伸ばし合った局面。<br>
双方が相掛りを志向している場合に現れる局面であり、一般的な定跡における次の手は▲7八金だがこの局面で少し工夫することも出来る。<br>
[[+2524FU|▲2四歩]]の先攻は△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△8七歩と反撃され先手不利。
 
==候補手==
 
===[[+6978KI|▲7八金]]===
8七の地点を守り後手の飛車先突破を防ぐ最も自然な一手。<br>
以下△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩に[[lnsgk1snl/1r4gb1/p1ppppppp/9/1p7/9/PPPPPPP1P/1BG4R1/LNS1KGSNL w P|▲2八飛]]または[[lnsgk1snl/1r4gb1/p1ppppppp/9/1p7/7R1/PPPPPPP1P/1BG6/LNS1KGSNL w P|▲2六飛]]と進み様々な戦法に派生する。<br>
△3二金を省略して[[+6978KI-8586FU|△8六歩]]の先攻は▲同歩△同飛▲2四歩△同歩▲2三歩の反撃があり先手が良い。<br>
 
===[[+9796FU|▲9六歩]]===
角の可動域を増やし後手の飛車先突破を防ぐ少しひねった一手。<br>
以下△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩[[lnsgk1snl/1r4gb1/p1ppppppp/9/1p7/P6R1/1PPPPPP1P/1B7/LNSGKGSNL w P|▲2六飛]]と進む。▲2八飛と引き飛車に構えるのは△8六歩▲同歩△同飛に結局▲7八金と受けることになるため▲9六歩の継続手としては疑問。<br>
縦歩取り(縦歩取り棒銀、ひねり飛車など)を強く志向した手だが、後から▲7八金と指し通常の相掛かり定跡に戻ることもある。
 
{{Book|9784422750750|6|}}
{{Book|9784422751368|6|}}
 
- {{ComEval|+25|aperypaq YaneuraOu KPPT 4.80|2018年3月|☗7六歩|探索深さ:34/40 探索局面数:1,509,282,370}}
+ {{ComEval|+25|aperypaq YaneuraOu KPPT 4.80|2018年3月|☗7六歩☖3四歩|探索深さ:34/40 探索局面数:1,509,282,370}}
+{{ComEval|+76|dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)|2018年10月|☗7六歩☖3二金|探索深さ:34/39 探索局面数:410,515,009}}
編集コメント: comEval dolphin

作成記事

  [局面ページに移動]


       
 
         
       
         
 
       


解説

初手から飛車先の歩を2手ずつ伸ばし合った局面。
双方が相掛りを志向している場合に現れる局面であり、一般的な定跡における次の手は▲7八金だがこの局面で少し工夫することも出来る。
▲2四歩の先攻は△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△8七歩と反撃され先手不利。

候補手

▲7八金

8七の地点を守り後手の飛車先突破を防ぐ最も自然な一手。
以下△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩に▲2八飛または▲2六飛と進み様々な戦法に派生する。
△3二金を省略して△8六歩の先攻は▲同歩△同飛▲2四歩△同歩▲2三歩の反撃があり先手が良い。

▲9六歩

角の可動域を増やし後手の飛車先突破を防ぐ少しひねった一手。
以下△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛と進む。▲2八飛と引き飛車に構えるのは△8六歩▲同歩△同飛に結局▲7八金と受けることになるため▲9六歩の継続手としては疑問。
縦歩取り(縦歩取り棒銀、ひねり飛車など)を強く志向した手だが、後から▲7八金と指し通常の相掛かり定跡に戻ることもある。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
最新棒銀戦法 (将棋必勝シリーズ)amz青野 照市創元社20016
勝てる棒銀戦法 (将棋最強ブックス)amz青野 照市創元社20116

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+25aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☗7六歩☖3四歩探索深さ:34/40 探索局面数:1,509,282,370
+76dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年10月☗7六歩☖3二金探索深さ:34/39 探索局面数:410,515,009