flipさんの投稿 (2018年10月20日 18時30分)

更新差分

[局面ページに移動]
+{{Conclusion|先手有利}}
+ 
+横歩取りの出だしから'''☖2三歩戦法'''に変化し、後手が☖2五角と打った局面。<br>
+正確に指せば先手が良いとされている。
+ 
+===候補手===
+====[[+3432RY|☗3二飛成]]====
+定跡手である。<br>
+飛金交換の駒損にもかかわらず先手が指せる理由として以下が挙げられる。
+* 先手陣に飛車を打ち込む場所が少ない
+* 後手が歩切れである
+* 後手の2五角が不安定である
+* 先手から角の打ち込みや両取りの筋が多い
+後手としては駒組みに制約を受け続けることになるため、先手が指せる展開である。
+ 
+☗3二飛成以下は☖同銀☗3八銀☖3三銀[[+3432RY-3132GI+3938GI-3233GI+1716FU|☗1六歩]]と進む。
+ 
+====[[+3436HI|☗3六飛]]====
+こちらを選んでも一局の将棋である。
+ 
+以下☖同角[[+3436HI-2536KA+3736FU|☗同歩]]として、☖2七飛☗3八銀☖2五飛成☗7七銀☖6二銀[[+3436HI-2536KA+3736FU-0027HI+3938GI-2725RY+8877GI-7162GI+0027KA|☗2七角]]と進むのが一例。<br>
+歩切れの後手は攻めの手段が乏しく、角を手持ちにしているぶん先手が指しやすい。
+ 
+==定跡==
+* ☗3二飛成 (1)☖同銀 ☗3八銀 ☖3三銀 [[+3432RY-3132GI+3938GI-3233GI+1716FU|☗1六歩]]
+ 
+====
+(2)[[+3432RY-8232HI|☖3二同飛]]は[[+3432RY-8232HI+3938GI|☗3八銀]]と受けておき、後手陣にキズが多く残る。<ref>具体的には☗8三角、☗6五角、☗4五角、☗6六角~☗2四歩などの手段がある。</ref>
+ 
+(1)[[+3432RY-3132GI|☖3二同銀]]にも[[+3432RY-3132GI+3938GI|☗3八銀]]と一旦受けておき、次に☗2二角を見せる。<br>
+後手は☖3三銀と受けるよりないが、そこで[[+3432RY-3132GI+3938GI-3233GI+1716FU|☗1六歩]]が好手である。<br>
+☗1六歩は☗3五金と打ったときに☖1四角と逃げる手を消している(詳細は[[+3432RY-3132GI+3938GI-3233GI+1716FU|リンク先]])。
+ 
+{{Book|4839954704|91|}}
編集コメント: 初版

作成記事

  [局面ページに移動]


 
       
  
        
       
        
  
       
  


歩2

解説

横歩取りの出だしから☖2三歩戦法に変化し、後手が☖2五角と打った局面。
正確に指せば先手が良いとされている。

候補手

☗3二飛成
定跡手である。
飛金交換の駒損にもかかわらず先手が指せる理由として以下が挙げられる。
  • 先手陣に飛車を打ち込む場所が少ない
  • 後手が歩切れである
  • 後手の2五角が不安定である
  • 先手から角の打ち込みや両取りの筋が多い
後手としては駒組みに制約を受け続けることになるため、先手が指せる展開である。
☗3二飛成以下は☖同銀☗3八銀☖3三銀☗1六歩と進む。
☗3六飛
こちらを選んでも一局の将棋である。
以下☖同角☗同歩として、☖2七飛☗3八銀☖2五飛成☗7七銀☖6二銀☗2七角と進むのが一例。
歩切れの後手は攻めの手段が乏しく、角を手持ちにしているぶん先手が指しやすい。

定跡

  • ☗3二飛成 (1)☖同銀 ☗3八銀 ☖3三銀 ☗1六歩
(2)☖3二同飛☗3八銀と受けておき、後手陣にキズが多く残る。[1]
(1)☖3二同銀にも☗3八銀と一旦受けておき、次に☗2二角を見せる。
後手は☖3三銀と受けるよりないが、そこで☗1六歩が好手である。
☗1六歩は☗3五金と打ったときに☖1四角と逃げる手を消している(詳細はリンク先)。

脚注

  1. 具体的には☗8三角、☗6五角、☗4五角、☗6六角~☗2四歩などの手段がある。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
決定版!横歩取り完全ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz吉田 正和マイナビ201591