kmullinさんの投稿 (2019年01月08日 03時13分)

更新差分

[局面ページに移動]
後手が横歩取りを目指した局面である。
 
===候補手===
 
====[[+2434HI|☗3四飛]]====
 
最も自然な応手。以下は横歩取り戦法に進展する。
 
====[[+2426HI|☗2六飛]]====
 
通常の相掛り2六飛型に比べ☖1四歩や☖8五飛といった変化がある。
 
====[[+2428HI|☗2八飛]]====
 
この局面も手が広いところではあるが、☖7六飛☗7七角☖7四飛のように通常の横歩取りを先後反転させたような将棋になることが多い。
 
====[[+5958OU|☗5八玉]]====
 
☖8四飛や☖5二玉などの応手が考えられる。横歩取りや相掛りに合流することも多い。
 
{{Book|9784422751412|74|}}
 
- {{ComEval|+47|Godwhalechild 5.05/qzilla9|2018年5月|☗5八玉☖|探索深さ:34/48 探索局面数:45,915,083,648}}
+ {{ComEval|+47|Godwhalechild 5.05 KPPT 4.80/qzilla9|2018年5月|☗5八玉☖|探索深さ:34/48 探索局面数:45,915,083,648}}
{{ComEval|+82|dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)|2019年1月|☗3四飛☖3三角|探索深さ:34/49 探索局面数:1,703,650,818}}
編集コメント: KPPT 4.80

作成記事

  [局面ページに移動]

歩2
 
       
   
       
         
       
   
       
 

歩2

解説

後手が横歩取りを目指した局面である。

候補手

☗3四飛
最も自然な応手。以下は横歩取り戦法に進展する。
☗2六飛
通常の相掛り2六飛型に比べ☖1四歩や☖8五飛といった変化がある。
☗2八飛
この局面も手が広いところではあるが、☖7六飛☗7七角☖7四飛のように通常の横歩取りを先後反転させたような将棋になることが多い。
☗5八玉
☖8四飛や☖5二玉などの応手が考えられる。横歩取りや相掛りに合流することも多い。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)amz高橋 道雄創元社201374

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+47Godwhalechild 5.05 KPPT 4.80/qzilla92018年5月☗5八玉☖探索深さ:34/48 探索局面数:45,915,083,648
+82dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2019年1月☗3四飛☖3三角探索深さ:34/49 探索局面数:1,703,650,818