kmullinさんの投稿 (2019年09月11日 22時24分)

更新差分

[局面ページに移動]
角換わり腰掛銀の先後同形において、両者とも▲8八玉△2二玉と入城した局面。
 
- この局面は「先手勝ち」の結論が出されている上、一手前の△2二玉で△6五歩と仕掛ければ後手が良くなるとされているため、現在プロ間ではまず見かけない形である。
+ この局面は「先手勝ち」の結論が出されている上、一手前の△2二玉で[[l5knl/1r2g1g2/2n1p1sp1/p1p1spp1p/1p1p3P1/P1PPSPP1P/1PS1P1N2/1KG1G2R1/LN6L b Bb|△6五歩]]と仕掛ければ後手が良くなるとされているため、現在プロ間ではまず見かけない形である。
 
具体的には、以下▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲7五歩△同歩▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△6三角▲1三歩△同香▲2五桂△1四香▲3四歩△2四歩▲3三桂成△同桂▲2四飛△2三金▲1一角△3二玉▲3三歩成△同銀▲4四桂△同銀▲2三飛成△同玉[[+4645FU-4445FU+3635FU-3344GI+7675FU-7475FU+1615FU-1415FU+2524FU-2324FU+2824HI-0023FU+2428HI-0063KA+0013FU-1113KY+3725KE-1314KY+3534FU-2324FU+2533NK-2133KE+2824HI-3223KI+0011KA-2232OU+3433TO-4433GI+0044KE-3344GI+2423RY-3223OU+1144UM|▲4四角成]]で先手必勝とされている。
 
この定跡は「木村定跡」と呼ばれ、現代の同形腰掛銀(▲7九玉△3一玉型)の仕掛けの下地にもなっている。
 
===紛れと歴史===
升田幸三以前は、▲4五歩△同歩▲7五歩△同歩▲4五桂で先手良しと認識されていたが、升田は以下△同銀▲同銀△8六歩▲同歩△5五角▲2九飛△6五桂(▲同歩には△7六歩がある)と指して後手良しの局面に導きこの定説を覆した。そこで考えられたのが▲7五歩に換えて▲3五歩とする作戦である。▲4五歩△同歩▲3五歩に△同歩とすると、▲4五桂で今度は△同銀▲同銀△5五角に▲2九飛~▲3四歩があるため先手が良くなる。そこで▲3五歩には丸田祐三流の△4四銀が本線の定跡となる。そこで▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛が定跡化された進行である。以下△6三金は▲7四歩△同金▲4一角△8四金▲4五銀、△7六歩は▲同銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七銀、△6三角は▲1三歩△同香▲2五桂で先手が良くなるされている。
 
{{Book|4-8399-3985-3|58|先手の必勝}}
 
{{ComEval|+185|GPSfish 0.2.1+r2837|2015年1月|☗4五歩|探索深さ:25/47 探索局面数:830,756,686}}
{{ComEval|+281|dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)|2018年9月|☗4五歩☖6五歩|探索深さ:34/53 探索局面数:2,600,488,698}}
編集コメント: [[l5knl/1r2g1g2/2n1p1sp1/p1p1spp1p/1p1p3P1/P1PPSPP1P/1PS1P1N2/1KG1G2R1/LN6L b Bb|△6五歩]]

作成記事

戦型: 角換り相腰掛銀 先後同型  [局面ページに移動]

      
     
     
  
       
  
     
     
      

解説

角換わり腰掛銀の先後同形において、両者とも▲8八玉△2二玉と入城した局面。
この局面は「先手勝ち」の結論が出されている上、一手前の△2二玉で△6五歩と仕掛ければ後手が良くなるとされているため、現在プロ間ではまず見かけない形である。
具体的には、以下▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲7五歩△同歩▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△6三角▲1三歩△同香▲2五桂△1四香▲3四歩△2四歩▲3三桂成△同桂▲2四飛△2三金▲1一角△3二玉▲3三歩成△同銀▲4四桂△同銀▲2三飛成△同玉▲4四角成で先手必勝とされている。
この定跡は「木村定跡」と呼ばれ、現代の同形腰掛銀(▲7九玉△3一玉型)の仕掛けの下地にもなっている。

紛れと歴史

升田幸三以前は、▲4五歩△同歩▲7五歩△同歩▲4五桂で先手良しと認識されていたが、升田は以下△同銀▲同銀△8六歩▲同歩△5五角▲2九飛△6五桂(▲同歩には△7六歩がある)と指して後手良しの局面に導きこの定説を覆した。そこで考えられたのが▲7五歩に換えて▲3五歩とする作戦である。▲4五歩△同歩▲3五歩に△同歩とすると、▲4五桂で今度は△同銀▲同銀△5五角に▲2九飛~▲3四歩があるため先手が良くなる。そこで▲3五歩には丸田祐三流の△4四銀が本線の定跡となる。そこで▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛が定跡化された進行である。以下△6三金は▲7四歩△同金▲4一角△8四金▲4五銀、△7六歩は▲同銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七銀、△6三角は▲1三歩△同香▲2五桂で先手が良くなるされている。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わりamz西尾 明毎コミ201158先手の必勝

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+185GPSfish 0.2.1+r28372015年1月☗4五歩探索深さ:25/47 探索局面数:830,756,686
+281dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年9月☗4五歩☖6五歩探索深さ:34/53 探索局面数:2,600,488,698