Prince_Dragonさんの投稿 (2020年02月01日 13時37分)

更新差分

[局面ページに移動]
- 嬉野流という戦法の出だしである。
+ ==概要==
+初手で☗6八銀と上がった嬉野流という戦法の出だしである。
 
- 天野貴元(2015)『奇襲研究所 嬉野流編』で紹介され、ネット将棋などアマチュア間で指されている。<br>
+ ==嬉野流とは==
- ☗7六歩と突かずに駒組みを進めることが特徴で、棒銀に対して受けが難しいように見えるが、対策があって簡単に潰れない。
+ 発案者は嬉野宏明アマ。天野貴元(2015)『奇襲研究所 嬉野流編』で紹介され、ネット将棋などアマチュア間で指されている。☗7六歩と突かずに駒組みを進めることが特徴で、棒銀に対して受けが難しいように見えるが、対策があって簡単に潰れない。
+ 
+この後先手は☗5六歩~☗7九角~☗5七銀のように組み、左銀で飛車先突破などを狙う。
+ 
+==後手の候補手==
+===①[[-8384FU|☖8四歩]]===
+先手の嬉野流に後手が居飛車で対抗する順。
+ 
+===②[[-3334FU|☖3四歩]]===
+角道を開ける手。以降は居飛車・振り飛車とも考えられる。
+ 
+===③[[-5354FU|☖5四歩]]===
+後手が中飛車で対抗する手。
+ 
+===④[[-3142GI|☖4二銀]]===
+相嬉野流になる順。③☖5四歩の一変化でも同様の戦型となる場合がある。
+ 
 
{{ComEval|0|aperypaq YaneuraOu KPPT 4.80|2018年3月|☖3四歩☗2六歩|探索深さ:34/45 探索局面数:498,757,802}}
{{ComEval|+30|dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)|2018年12月|☖3四歩☗2六歩|探索深さ:34/43 探索局面数:200,925,994}}
編集コメント: 候補手を明記

作成記事

  [局面ページに移動]


       
         
         
         
      
 


解説

概要

初手で☗6八銀と上がった嬉野流という戦法の出だしである。

嬉野流とは

発案者は嬉野宏明アマ。天野貴元(2015)『奇襲研究所 嬉野流編』で紹介され、ネット将棋などアマチュア間で指されている。☗7六歩と突かずに駒組みを進めることが特徴で、棒銀に対して受けが難しいように見えるが、対策があって簡単に潰れない。
この後先手は☗5六歩~☗7九角~☗5七銀のように組み、左銀で飛車先突破などを狙う。

後手の候補手

☖8四歩

先手の嬉野流に後手が居飛車で対抗する順。

☖3四歩

角道を開ける手。以降は居飛車・振り飛車とも考えられる。

☖5四歩

後手が中飛車で対抗する手。

☖4二銀

相嬉野流になる順。③☖5四歩の一変化でも同様の戦型となる場合がある。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
0aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☖3四歩☗2六歩探索深さ:34/45 探索局面数:498,757,802
+30dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年12月☖3四歩☗2六歩探索深さ:34/43 探索局面数:200,925,994