pontataさんの投稿 (2015年01月15日 21時10分)

更新差分

この編集に1名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
+先手が先手中飛車や升田流向飛車を目指した際に迎える局面。<br>
+後手にとって作戦の分岐点である。
+ 
+===候補手===
+ 
+ 
+====[[-8485FU|△8五歩]]====
+ 
+▲7七角△5四歩と進んで先手の5筋位取りを拒否することができる。<br>
+たんに△5四歩とすると▲5八飛△8五歩▲5五歩△同歩▲同角△4二玉▲7七角と進み先手の5筋交換を許してしまう。<br>
+先手中飛車対角交換型の将棋を目指す場合先手の5筋交換がスムーズに行われてしまうと先手十分になりやすいため、後手は[[ln1g1gsnl/1r3k3/p1pp1p1pp/3sp1p2/1p7/2P1P4/PPSP1PPPP/4R2K1/LN1G1GSNL b Bb|5筋の交換を許さない形]]を用いることが大半である。<br>
+これは先手が手損をしてでも5筋交換を目指そうとする前田流と呼ばれる手法があることからも伺える。
+ 
+====[[-3334FU|△3四歩]]====
+ 
+先手の5筋位取りを許す指し方。<br>
+先手5筋位取り中飛車に進展することが多い。
編集コメント: 後手作戦の分岐点:前田流にもリンクを貼りたかったのですが、どこに飛ばしてよいかわかりませんでした。

作成記事

  [局面ページに移動]


       
 
        
         
       
  
       


解説

先手が先手中飛車や升田流向飛車を目指した際に迎える局面。
後手にとって作戦の分岐点である。

候補手

△8五歩
▲7七角△5四歩と進んで先手の5筋位取りを拒否することができる。
たんに△5四歩とすると▲5八飛△8五歩▲5五歩△同歩▲同角△4二玉▲7七角と進み先手の5筋交換を許してしまう。
先手中飛車対角交換型の将棋を目指す場合先手の5筋交換がスムーズに行われてしまうと先手十分になりやすいため、後手は5筋の交換を許さない形を用いることが大半である。
これは先手が手損をしてでも5筋交換を目指そうとする前田流と呼ばれる手法があることからも伺える。
△3四歩
先手の5筋位取りを許す指し方。
先手5筋位取り中飛車に進展することが多い。