Hidetchiさんの投稿 (2015年02月03日 08時52分)

更新差分

[局面ページに移動]
△7四角の合わせに対して、▲4三角成と成った局面。<br>
- 金上がりで馬を殺すことができるが、馬を切られたときの形を考えての3通りの指し方がある。<br>
+ 金上がりで馬を殺すことができるが、馬を切られたときの形を考えて[[-6152KI|△5二金右]]、[[-4152KI|△5二金左]]、[[-4142KI|△4二金]]の3通りの指し方がある。いずれの変化も馬切りと▲7五歩を考慮する必要がある。
-いずれの変化も馬切りと▲7五歩を考慮する必要がある。<br>
- 
-==候補手==
- 
- 
-===①[[-6152KI|△5二金右]]===
-6一の金を上げる。
- 
-===②[[-4152KI|△5二金左]]===
-4一の金を上げる。
- 
-===③[[-4142KI|△4二金]]===
-金をまっすぐ上げる。
編集コメント: 候補手のセクションに内容が無かったため、冒頭記述内に移しました。

作成記事

  [局面ページに移動]


 
        
       
         
       
  
     
   

解説

△7四角の合わせに対して、▲4三角成と成った局面。
金上がりで馬を殺すことができるが、馬を切られたときの形を考えて△5二金右△5二金左△4二金の3通りの指し方がある。いずれの変化も馬切りと▲7五歩を考慮する必要がある。