idumogeさんの投稿 (2015年02月04日 21時16分)

更新差分

この編集に1名のユーザが「いいね!」と言っています
[局面ページに移動]
{{Conclusion|互角}}
 
 
-  初手☗2六歩は、初手☗7六歩に次いで多く指されている手であり、7六歩と異なり自身の形を居飛車に限定している意味があり、先手番では居飛車しか指さずかつ相掛かりが得意な棋士が好んで指す手である。▲7六歩ではなく▲2六歩と指す意味は、初手から▲7六歩△8四歩[[lnsgkgsnl/1r5b1/p1pppp1pp/1p4p2/9/2P6/PP1PPPPPP/1B1S3R1/LN1GKGSNL b -|▲6八銀]]
+ 初手☗六歩は、初手☗六歩に次いで多く指されている手である。六歩と異なり自身の形を居飛車に限定る意味があり、先手番では居飛車しか指さずかつ相掛かりが得意な棋士が好んで指す手である。<br>
- と進む相矢倉や、▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成[[lnsgkgsnl/1r7/p1pppp1pp/6p2/1p7/2P4P1/PP+bPPPP1P/1S5R1/LN1GKGSNL b b|▲同銀]]進む正調角換わりや角交換系の振り飛車などを避け、▲2六歩8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛[[lnsgk1snl/1r4gb1/p1ppppppp/7R1/1p7/9/PPPPPPP1P/1BG6/LNS1KGSNL b P|△2三歩]]と進む相掛かりや、▲2六歩△3四歩[[lnsgkgsnl/1r5b1/pppppp1pp/6p2/7P1/9/PPPPPPP1P/1B5R1/LNSGKGSNL w -|▲2五歩]]とする変化などを含みにしていることである。
+ 7六歩ではなく☗2六歩と指す意味は初手から☗7六歩8四歩[[lnsgkgsnl/1r5b1/p1pppp1pp/1p4p2/9/2P6/PP1PPPPPP/1B1S3R1/LN1GKGSNL b -|☗6八銀]]
+と進む相矢倉、☗7六歩☖8四歩☗2六歩☖8五歩☗7七角☖3四歩☗8八銀☖7七角成[[lnsgkgsnl/1r7/p1pppp1pp/6p2/1p7/2P4P1/PPSPPPP1P/7R1/LN1GKGSNL w Bb|☗同銀]]と進む正調角換わりや、角交換系の振り飛車などを避け、☗2六歩☖8四歩☗2五歩☖8五歩☗7八金☖3二金☗2四歩☖同歩☗同飛[[lnsgk1snl/1r4gb1/p1ppppppp/7R1/1p7/9/PPPPPPP1P/1BG6/LNS1KGSNL b P|☖2三歩]]と進む相掛かりや、☗2六歩☖3四歩[[lnsgkgsnl/1r5b1/pppppp1pp/6p2/7P1/9/PPPPPPP1P/1B5R1/LNSGKGSNL w -|☗2五歩]]とする変化などを含みにしていることである。
 
 
 
 
===候補手===
 
- ====[[-8384FU|8四歩]]====
+ ====[[-8384FU|8四歩]]====
- 相掛かりを目指した一手で、以下[[-8384FU+2625FU|☗2五歩]]なら相掛かり、[[-8384FU+6978KI|☗7八金]]なら角換わりか横歩取り模様になる。
+ 相掛かりを目指した一手で、以下[[-8384FU+2625FU|☗五歩]]なら相掛かり、[[-8384FU+6978KI|☗7八金]]なら角換わりか横歩取り模様になる。
 
- ====[[-3334FU|☖3四歩]]====
+ ====[[-3334FU|☖四歩]]====
- 横歩取りや一手損角換わり、振り飛車などを含みにした一手で以下[[-3334FU+7776FU|☗7六歩]]として、初手から☗7六歩☖3四歩☗2六歩とした局面と同一になる場合も多い。△3四歩に対し☗2五歩もあるが、△3三角▲7六歩[[-3334FU+2625FU-2233KA+7776FU-8222HI|△2二飛]]とする変化などがあり、やや形を決めすぎているキライがあるためやや少数派である。
+ 横歩取りや一手損角換わり、振り飛車などを含みにした一手で以下[[-3334FU+7776FU|☗六歩]]として、初手から☗六歩☖四歩☗六歩とした局面と同一になる場合も多い。<br>
-  
+ ☖3四歩に対し☗2五歩は、やや形を決めすぎているため この変化が指されることは少ない。
 
 
{{Book|978-4839946562|P45|}}
編集コメント: 句読点と改行位置を変更。棋譜の算用数字を全角に修正。棋譜の駒マークを☗☖に統一。内部リンクの誤りを修正。候補手の解説を修正しました。

作成記事

  [局面ページに移動]


       
         
         
        
 
       


解説

初手☗2六歩は、初手☗7六歩に次いで多く指されている手である。☗7六歩と異なり自身の形を居飛車に限定する意味があり、先手番では居飛車しか指さず、かつ相掛かりが得意な棋士が好んで指す手である。
☗7六歩ではなく☗2六歩と指す意味は、初手から☗7六歩☖8四歩☗6八銀 と進む相矢倉、☗7六歩☖8四歩☗2六歩☖8五歩☗7七角☖3四歩☗8八銀☖7七角成☗同銀と進む正調角換わりや、角交換系の振り飛車などを避け、☗2六歩☖8四歩☗2五歩☖8五歩☗7八金☖3二金☗2四歩☖同歩☗同飛☖2三歩と進む相掛かりや、☗2六歩☖3四歩☗2五歩とする変化などを含みにしていることである。

候補手

☖8四歩
相掛かりを目指した一手で、以下☗2五歩なら相掛かり、☗7八金なら角換わりか横歩取り模様になる。
☖3四歩
横歩取りや一手損角換わり、振り飛車などを含みにした一手で、以下☗7六歩として、初手から☗7六歩☖3四歩☗2六歩とした局面と同一になる場合も多い。
☖3四歩に対し☗2五歩は、やや形を決めすぎているため この変化が指されることは少ない。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)amz上野 裕和マイナビ2013P45